ホームページの役割とは

本当にホームページが必要な理由

なぜホームページが必要なのか

ホームページの役割とできること

ホームページってなんだっけ

そもそもホームページとはなんでしょうか。
意外と、説明するのが難しいですよね。
※ここでは、ウェブサイトもホームページと呼ぶことにします。

ホームページとは、簡単にいうと「インターネットに繋いで閲覧するファイル」です。

自分のパソコンやスマホでホームページを見る時には、必ずインターネットに接続します。

インターネット=世界規模のコンピュータ ネットワーク

例えば、スマホで撮影した写真のデータはスマホの中に保存されるので、
インターネットの接続がなくても、スマホで見ることができますね。

しかし、自分のパソコンやスマホの中にはホームページのファイルがないので、
インターネットに接続しないと見ることができません。

作成されたホームページは、インターネット上に公開されることで、はじめて私たちが目にすることができるのです。

つまり、ホームページを作成し、公開するということは、
世界中の人へ向けて情報を発信しているということになります。

なぜホームページの説明が難しいと感じてしまうのかというと、
ホームページはユーザーによって使い方(利用する目的)が変わってしまうからです。

例えば、面白い動画を見るためにホームページを閲覧する人もいれば、
店舗の営業時間を知るためにホームページを調べる人もいて、
買い物をするためにホームページを利用している人もいるのです。

なので、一口にホームページといっても、具体的に説明することが困難になってしまうんですね。

ホームページは看板のようなもの

多くの利用方法があるホームページですが、共通しているのは
「必ず検索されてたどり着くところ」ということです。

あなたのパソコンやスマホに、突然ホームページが表示されることはありませんよね。
あなたがインターネットに接続し(無意識かもしれませんが)、検索することでホームページが表示されます。

つまり、ユーザーがホームページを閲覧するということは、
ここに興味があって、ユーザーが自分から訪ねてきたということになります。

お店の広告方法で例えれば、歩いている人全員にチラシを配るのではなく、
看板を持って立っているというイメージになります。

チラシをもらった人の中には、本当に興味のある人もいるかもしれませんが、可能性はとても低いです。
認知を広めるのには有効であっても、悪い時には、それが迷惑だと感じさせてしまうかもしれません。
入口はこちらです、なんて大きな声で言っても、誘導までは難しいでしょう。

では、看板を持って立っている場合はどうでしょうか。
興味のない人は見向きもしないでしょう。
しかし、興味のある人は看板の隅々までしっかりと見て、少しでも多くの情報を集めようとします。
看板をよく見ようと近づいてきた人に、入口はあちらです、と案内すれば、ほとんどの人は入り口へ向かうでしょう。

興味のある人へ、丁寧に説明をする。
これがホームページが存在する本当の意味です。

看板が古くなり文字が読めない、色が落ちてしまった、などの不具合が出た時には修正が必要になりますね。
場合によっては看板を新しくすることが必要になるかもしれません。
また、看板を立てる場所も大切です。
1日10人しか通らない道よりも、1日100人が通る道に立てる方が有効です。

ホームページの場合も同じです。
いつまでもそのまま放置していれば古くなり、修正が必要になります。
看板を立てる場所としては、よく目につくところ、つまり検索結果の上位に表示されるほうが有効となります。

ただ作ったままにしているホームページとは、古くて読めない看板を立てっぱなしにしているのと同じということです。

ホームページは作るだけではなく、育てていくことがとても重要です。

Facebookページがあれば、ホームページはいらない?

ホームページとブログとSNS。
それぞれの特徴を理解した上で選択することが大切です。

無料だからとりあえず、使い方がわかるからなんとなく、という理由だけでブログやSNSだけを利用しているのであれば、まずはそれぞれの特徴や役割について比べてみましょう。

ホームページについて

ホームページの大きな特徴は、ブランディングに特化しているということです。

ブランディング=企業が顧客に対して共通の価値、イメージを持たせること

企業のコンセプト、お店のイメージなどを、デザインから写真、テキストまで、徹底的にブランディングするのに役立ちます。

無料ブログでは、カスタマイズやドメイン取得が有料になってしまうことが多いので、無料で利用する時にはブランディングではなく、情報発信というカタチにならざるを得ません。
また、SNSは基本的に会員制のサービス(ファンや友達としてつながる場所)となるので、ハッキリとしたブランディングは好まれません。
SNSを閲覧している人たちにとって、あからさまな広告宣伝は、求めているものとは違うのです。

その点、公式ホームページは真逆です。

公式ホームページに訪れる人は、確実に企業やお店の情報を求めている人になります。
なので、ホームページは徹底的なブランディングが認められる場所であり、むしろそうすることが好まれます。

他にも、時間軸がベースとなっているブログやSNSに比べ、適切なカテゴリー分けやページ分けによって、ユーザーの読みやすい構成を作れることも特徴です。
さらに、検索エンジンとの相性がいいこともホームページの強みです。

ブログについて

多くの無料ブログサービスがあるので、気軽に始められることが大きなメリットです。
操作も簡単なので、カスタマイズなどにこだわらなければ、誰でも利用できます。

同時に、更新も簡単なので、リアルタイムな情報発信に有利です。
明日の臨時休業のお知らせなど、スピード感をもってユーザーにアプローチできます。

無料のブログでは、作成者の意図しない広告の表示や、オリジナルのドメインが取得できないなどの不便はありますが、ブログの利用目的を情報発信に限れば気にならないかと思います。

しかし、リアルタイムな情報発信の面ではSNSには敵いません。
更新通知を受信している方へは別ですが、それ以外の場合はやはりSNSの方がスピーディでしょう。

SNSに比べて大きなメリットは、情報を残せるということです。
さっさと情報が流れていくSNSでは、タイムラインには比較的短い期間でしか表示されませんし、
検索エンジンで調べてみても、SNSの投稿記事がヒットすることはまずありません。
それが、ブログの記事であれば、ウェブ上に情報を残すことができます。
検索結果にブログの記事は当たり前に上がってくるのです。

SNSについて

SNSの一番の特徴は、拡散力です。
それは大手の企業に限らず、一般の方の投稿であっても威力を発揮します。

SNSでは知り合いやファンというグループでつながることが多いので、基本的にはグループへの情報発信となります。
ところが、友達が友達に伝える、友達の友達が友達に伝える…というような仕組みがあり、より多くの人へ情報が伝わっていきます。

ホームページやブログには、ここまでの拡散力はありません。

また、スピード感もメリットです。
ホームページの情報は検索結果に反映されるまでに時間がかかることがありますが、SNSではそれがありません。
今の情報を、今発信することができます。

それぞれの特徴のまとめ

  ホームページ ブログ SNS
ブランディング
検索エンジンとの相性
信頼性 長期間運営し、現在も更新頻度が高ければ◎
情報の寿命
熟読度 一定のファンがいて、信頼度が高ければ◎
リアルタイム ワードプレスで作成したホームページの場合◎
情報拡散 ブログ内などの、一部のグループ内では◎
更新性 ワードプレスで作成したホームページの場合◎
ターゲティング